不妊治療で乗り越える~キセキをその手で掴め~

医者

妊婦に嬉しい栄養素

妊婦

妊婦さんに効果的な栄養素とは、主に葉酸があります。ほうれん草や豆などに含まれる栄養素で、妊娠中に摂取すると母体のみならず胎児の成長にも効果を発揮します。食事やサプリなどから葉酸を摂取しましょう。

» 詳細を確認する

サプリで補う

男女

母乳不足はサプリメントで補うことができます。主に葉酸サプリが自律神経に効果があるので、母乳を多くしてくれます。また、葉酸にはホルモンバランスを整える働きもあるので産後にも効果的です。

» 詳細を確認する

出来ないを可能に

体質によって妊娠がしにくいという事もあります。不妊治療の相談をする為に医院を探そう。こちらで紹介されています。

どうしてできない?

女性

とっくにパパやママになる心の準備は出来ているのに中々赤ちゃんを授かることができないままあっという間に時間が過ぎてしまい今に至る、という夫婦は少なくありません。周りはどんどん二子や三子を迎えていて気持ちも焦ってきてしまい、そろそろ本気でどうにかしたいと考えた時に一体何が必要なのかと言うと、不妊治療が必要になります。というのも、中々妊娠できないというのは、何かしらの原因が必ずあるからです。
それは女性側にあることもあれば、男性側にあることもありますし、一方で両方に原因があれば、どちらにもないにもかかわらず妊娠できないといったこともあります。ですから本当に妊娠をしたいと考えているのであれば、きちんと不妊治療を行っている病院を受診し、原因を探り、原因に合った治療を受けて状態を改善して行くことが大切です。

治療に向けて

治療のためにはまず不妊治療を行っている病院を受診する必要があります。病院は探して見ると沢山あることがわかりますが、それ故にどこを選ぶのかというのが何より重要となってきますから、情報サイトなどを参考に信頼でき、様々な原因と真摯に向き合ってくれる、そんな医師のいるところを選びましょう。
また、夫婦どちらに不妊の原因があるかわからないからこそ、病院へは二人一緒に行って診てもらうことをおすすめします。不妊治療は他の病気の治療などと同様に、早期治療が妊娠への何よりの近道となります。そろそろ何か行動した用が良いのではないかと思いながらずるずると過ごしていると、不妊治療自体に大きな費用と時間がかかるようになるケースもあります。あまりにも妊娠の気配がなく何だかおかしいと思ったら、早いうちに不妊治療へ向けて動きたいところです。

臨月の際には様々なことに注意をする必要があります。こちらのサイトをチェックして、体調をしっかり管理しましょう。

赤ちゃんへの栄養

女性

葉酸は妊娠中や任活中の女性に必要な栄養素です。1日400μg摂取する事が望ましく、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防する効果が期待できます。普段の食事で補えない場合は手軽に摂取できるサプリメントを利用すると良いです。

» 詳細を確認する